映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

動画制作をする時に意識しておくこと

time 2021/11/21

動画制作をする時に意識しておくこと

動画制作をする時には人に見られるものだということを意識しておくことが大切です。当たり前のようですが、これがしっかりとわかっていないと何を作っても意味が伝わらないことになるからです。動画はわかりやすいようでいて実はわかりにくいことも多いのです。これはあまりにも情報量が多いことや動画はシーンの切り替えが制作者の意図によって一方的に決まることなどが考えられます。

つまり、見る側は受動的に見ているだけなので、動画を見ているときのスピードに関してく主導権は制作者側にあることになります。となると、視聴者がまだ映像の内容を理解していない状態で次のシーンが展開されるようなこともよくあることになっていきます。これは本を読んでいる時にまだ読み終わっていない状態で次のページをめくっているようなことになることを意識する必要があります。そんな時はストップボタンを押せばいいではないと動画制作の制作者は考えてしまうかもしれませんが、それは制作者の考えであって視聴者のことを考えていることにはなりません。

動画の魅力は何もしないでいてもわかりやすいものを見ることが出来る快適さにあるので、この快適さを感じない動画は一気にその魅力を失うと考えるべきです。動画制作は手軽で簡単に出来るようになりましたが、それがそのまま視聴者に伝わりやすいものが作れるということではなく、視聴者にわかりやすく見てもらうには、それなりに意識してわかりやすいものを作る必要があります。

down

コメントする