映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

公開する為の動画制作で守るべき事

time 2021/11/18

公開する為の動画制作で守るべき事

動画を制作して公開する事でその動画を収益化する事も可能です。収益化する場合もそうでない場合もインターネットを経由して配信する動画を制作する時は著作権や肖像権を侵害していないか注意しなくてはなりません。多くのコンテンツがある中でそのほとんどに著作権があり、コンテンツの制作者にその権利があります。キャラクターや漫画や映画など様々なものに著作権があるので、それらの他人に著作権のあるものを勝手に使用して動画制作するのは違法な行為です。

著作権の侵害によって権利者に損失が出た場合は損害賠償請求をされる可能性もあるので、動画制作をする時は著作権の侵害には充分注意すべきです。著作権と同じく注意するのが肖像権です。動画制作をする過程で特に屋外で撮影する場合は意図せずに関係ない人が映像に映り込んでしまう可能性もあります。人にはそれぞれ肖像権があるので、このように意図せずに映り込んでしまった場合でも無許可でそのまま動画として公開してはいけません。

著作権も肖像権も本人に許可を得る事ができれば問題はないので、使用したい場合は本人に許可をもらえるように交渉して了承を得てからにしなくてはなりません。もう一つ注意するべきなのは動画の内容が特定の個人や団体を誹謗中傷するないようになっていたり、事実と違う事を事実であるかのように動画の中で紹介してしまっていないか注意しなくてはなりません。事実でない事で他人を誹謗中傷するような事をすれば相手側から訴えられる事もあるので注意して動画を制作する必要があります。

down

コメントする