映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

動画制作をする上で使う道具を選ぶ時のポイント

time 2021/11/15

動画制作をする上で使う道具を選ぶ時のポイント

初心者でも簡単な知識と道具だけあればある程度の動画制作することは可能です。スキルが上がれば動画を作って、web上にuploadして、副収入を得ることもできます。動画制作をする上で必須な道具、最低限の知識は勿論いります。まず最低限必要な道具としては、動画を撮影するカメラは当然ながら動画編集をする無料ソフト、もしくは有料ソフトがいります。

動画を撮影するカメラの選び方は業務用や個人用でも変わりますが、基本的に個人用の物で十分です。動画制作をする上で初心者の頃は高いカメラなど欲しがる傾向にありますが、どう凄いのかとか分からないことが多々あります。普通に家庭用の2万円から3万円程度の物を用意するのがおすすめです。他にもあれば便利なものとしては、バッテリーやチャージャー、動画を保存するSDカードなどあると便利です。

チャージャーなどは初期状態でついてないことが多いからです。そして、無料編集ソフトですが、無料編集ソフトはweb上でダウンロードできます。どういう基準で選ぶのがいいのかと言いますと、自分がどう動画を編集したいのかなどが選ぶポイントの一つです。しかし、高機能ソフトを選ぶとなるとどうしても有料ソフトの方面になるので、無料ソフトの場合ある程度妥協する必要があります。

無料ソフトだとテキストを流したりといったことがメインとなります。他にも、自分はどんな動画制作をしたいのか、など自分がやりたい方向性で選んでいきます。アニメーション系を作成したいのか、実写系を作成したいのか、それともプレゼンテーションで使う資料動画などを作成したいのか、色んな方向性があります。選ぶポイントとしては、自分がどういう方向性の動画を作りたいのかで基本的な道具やソフトを決めていくのがポイントです。

down

コメントする