映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

誰かの役に立つことを考えて動画制作しよう

time 2021/11/09

誰かの役に立つことを考えて動画制作しよう

人は困ったとき、誰かに聞く以外に、インターネット検索で問題解決しようとします。動画検索によって問題解決方法を探す人もいるので、その人をターゲットにした動画制作をすると良いでしょう。あらゆる人を対象にした動画ではなく、自分ができることや知っていることが、ごく一部の人の役に立つような動画であることが理想的です。万人受けしなくても、ほんの数人の人に役立てば、意味のある動画となります。

動画の知名度が高くなればなるほど、同じように問題を抱える人が増えていき、その動画を頼るようになるでしょう。だから、動画制作は将来を見据えて作る必要があり、そのためには誰かの役に立つ内容でなければなりません。最も手軽に動画制作する方法として、自分が過去に悩んでいたことや抱えていた問題を解決した方法を紹介すると良いでしょう。それを淡々と紹介するのではなく、オープニングを入れる、BGMを入れる、実際に再現するなどして、見ている人の感情を高ぶらせる工夫を施すと良いでしょう。

クオリティーが高ければ、それだけで『また見たい』と思われるようになるので、そこを意識すると良いです。自分にとってクオリティーの高い動画を作れば問題ないので、こだわり過ぎる必要もあります。ただし、動画の内容に合うようなクオリティーにし、相乗効果を生む関係が理想的なので、イメージを意識しておくと良いでしょう。そして、定期的に更新し、見てくれる人を固定化させることを目指しましょう。

down

コメントする