映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

身近になった動画制作

time 2021/11/06

身近になった動画制作

動画制作は、業務で取り扱うプロにとっても、一定の経験や、高度なテクニックが必要なものでしたが、ここに来て、より簡単に動画制作が行える環境が整い、個人の趣味としても身近な存在になりつつあります。かつて、パソコンで動画制作を行う工程では、専用のソフトウェアによる編集後にエンコードをしてファイルを出力しますが、例えば1時間の映像を1時間程度で出力する、実時間エンコードを実現するためには、CPUのクロック周波数では、最低でも3Ghzから4GHz以上が必要でしたが、普及によるコストダウンも手伝って、そのようなレベルのハードウェアが、個人の趣味のレベルでも十分手の届く価格まで下がってきました。また、それに必要なソフトウェアも、もちろん市販品の方が高度な編集が可能ですが、フリーウェアのものであっても、いくつかのソフトを組み合わせることによって、プロ顔負けの高度な編集を行うのも、煩雑な手間はかかりつつも、不可能ではありません。テレビ放送を録画するハードディスクレコーダーにも、簡易的なものとは言え、動画を編集できるツールが搭載されており、これによってファイルを出力する行為も、立派な動画制作の一環と言えます。

このように、かつては業務で取り扱うプロや、個人の趣味の中でも、特に高度な一部のマニアの間のニッチな趣味だった動画制作も、現在では、多くのユーザーが気軽に扱える環境が整い、より身近な存在となっています。

down

コメントする