映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

映像編集の仕事の求人に応募するにあたっての注意です

time 2021/10/06

映像編集の仕事の求人に応募するにあたっての注意です

映像会社がスタッフの求人を行うことがよくあります。映像編集というのは、非常に広い範囲の仕事を含んでいます。テレビ番組でのテロップ入れや、複数台のカメラで撮影した収録画を連結する作業、ぼかしを入れるといった加工や、さらに特殊効果をもたらすための映像加工など、各種の仕事があります。映像編集の仕事というのは、細かい部分での作業やチェックの作業も多く、緻密に物を見るタイプの人が適しています。

アバウトなパーソナリティーの人には、務まりにくいと言っていいでしょう。もつれた糸をほどくような細かい作業であっても、面倒だと思わずに取り組んでいける人に適性があります。映像会社が求人をする場合も、この点をしっかりと見ていることは間違いありません。また、昨今は、映像編集や加工のソフトが一般社会にも流通し、趣味で編集や加工をしている人も多くなってきました。

それだけに、プロとして映像に仕事に携わるのであれば、より高度で専門性のある作品に仕上げなければなりません。ですから、先輩から仕事を教えてもらうという消極的な姿勢では、なかなか成長も期待できません。すすんで機材マニュアルを読んだり、ネットでも調べてみるなど、積極的な姿勢でかかわっていくことが大切です。さらに、映像編集の仕事では、納期は絶対です。

機材に不具合が出たとか、スタッフが急病になったという事態に直面しても、それは、クライアントには通じません。あくまでも、仕事を受けた映像会社としては、納期内に完璧な作品に仕上げて納品することが至上命題になるのです。常に万一の事態を想定しておき、そのときの対策を自分の頭の中でシミュレーションしておくことが重要です。映像会社の求人に応募するにあたって、自分に適性があることを確認しておかなければなりません。

down

コメントする