映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

映像求人の職種について

time 2021/09/24

映像求人の職種について

映像求人と一言で言っても職種はたくさんあり、自分が何をしたいか、どこで働きたいかによって変わってきます。まず一つ目にプロデューサーが挙げられます。プロデューサーはプロジェクトにおける企画や人事、予算、進行の統括を行い、ゲームの採算性についての責任を負います。さらにプロジェクトのトップ、予算調達、スポンサー開拓、広報、マスコミ対応なども行っています。

続いての映像求人の職種はモーションデザイナーと呼ばれるキャラクターの演技を通じて物語を伝え、感情を喚起させ個性付けを行う仕事です。モーションデザイナーはプレイヤーの操作に応じて動くキャラクターのモーションや遊びやすさにも直結するパートを担っています。続いての映像求人はサウンドクリエイターで、サウンドコンポーザー曲のデータを受け取り、楽譜コンバータを用いてプラットホーム用のデータに変換する仕事です。サウンドクリエイターとして働くために必要なので能力やセンスは、ゲームソフトに対する理解力とモチベーションがあることや創造力が問われます。

このように映像求人はたくさんの職種があり幅広いことが特徴として挙げられます。経験はあればもちろん良いですが、センスが問われる仕事なので自分はこういう仕事に携わっていきたい、こういうものを作っていきたいというアイデアをアピールする必要があります。後は職種によって必要度合いは異なりますが、機械系に強いと即戦力として働くことができます。

down

コメントする