映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

映像編集の求人に応募する際の注意です

time 2021/09/09

映像編集の求人に応募する際の注意です

映像編集の仕事が、就職先として人気を呼んでいます。一見華やかに見えるところから、求人募集をかけると多くの応募者があります。映像編集と言っても、その内容はさまざまです。テレビ番組へのテロップ入れ、収録のときに複数台のカメラで撮影した画像をつないでいく作業、ぼかしを入れるなどの映像加工等々があります。

実際に映像編集の仕事をしてみますと、思いのほか細かい設定や確認などの緻密な作業も多いので、細かい作業の苦手な人には不向きであると言えましょう。ジグソーパズルをするように、几帳面さが求められる細かい作業を、面倒と思わずに取り組めるタイプの人が適任です。そして、仕事を教えてもらおうという受け身の姿勢の人には、難しい仕事です。自分から積極的に技術を身につけていこうという意欲のある人でないと、仕事での成長が見込めません。

すすんで機材マニュアルを読み込んでいったり、自分から先輩や上司に質問していくなどして、能動的に学ぶ姿勢が必要とされています。求人面接の際にも、このような点がチェックされるものです。なお、映像変種の仕事を行う上で極めて重要なことの一つに、編集機器の不具合が突然に発生して作業ができない事態に直面することもあります。しかし、それはクライアントには関係のないことです。

何としても、納期内に映像編集を完成させて、納品しなければなりません。そのために、可能なありとあらゆる手段を講じるのです。普段から、もし最初の予定がうまくいかない場合の代替プランを用意しておく周到さが必要です。これが普通にできるようになって、一人前になるのです。

映像編集の求人に際しては、このような点をクリヤできる自信があることを確認してから応募すべきです。

down

コメントする