映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

映像制作会社の仕事とは

time 2021/08/15

映像制作会社の仕事とは

テレビ番組やCM、映画などの映像を撮影した後に編集・加工から作品の公開と納品までを行う段階はポストプロダクションと呼ばれています。また映像の編集・加工を行う会社やスタジオも、ホストプロダクションと呼ばれることがあります。一方映像を制作するための企画や構成を行う段階はプリプロダクション、撮影を行う段階がプロダクションです。日本各地には大小多数の映像制作会社が存在します。

それぞれが得意とし、手掛ける作品のジャンルは様々です。東京など大都市を中心に活動し映画やテレビ番組の映像制作を行う会社もあれば、地域に密着して結婚式などのイベントのための個人的なドキュメンタリー映像を作成している会社もあります。各映像制作会社では独自のホームページや求人サイトなどを通して人材の募集をしています。アルバイトから映像制作の業界に入って来る人も多数おり、アルバイトとして一定の経験を積んだ後で正式な社員として採用されることがあります。

テレビ局や映画制作会社などで映像編集を担当しているプロフェッショナルの多くは、専門学校で技術と知識を学んだ人たちです。ポストプロダクションで働く場合には、映像の編集と加工について技術と知識の習熟が必要になります。1つの作品が完成するまでには映像の編集やCGの制作、音声処理などの作業が求められます。専門学校ではポストプロダクションで必要とされる基礎的な能力を証明する映像音響処理技術者の資格を取得することも可能です。

また在学中に学校が提携する映像制作会社でアルバイトとして働き、実務経験を積むことができる場合もあるため効率的に技術と知識を習得することができます。

down

コメントする