映像制作のノウハウを紹介

実はこの企業も関わっていました

映像制作の基礎の基礎

time 2021/08/06

映像制作の基礎の基礎

プレゼン資料の中にひとつ映像があると具体的な内容も伝わるし、インパクトも与える事ができます。「パソコンで文章書いたりして資料はつくれるけど、映像制作は…」と思っている方々に、今回は誰でもとりあえずできる基礎の基礎をご紹介します。まず、自分のパソコンに適用している映像制作ソフトをダウンロードしましょう。フリーソフトでも使いやすいものはたくさんあります。

基本的な機能として、動画素材の編集(切り貼り、加工)ができるか。音楽を組み込めるか、テロップは入るか、その他、必要な機能が備わっているかを確認しましょう。次に、映像制作に使う素材を集めます。最近では、スマホで撮った写真も動画も本格機材で撮ったものの様なクオリティなので手軽に集める事が出来ます。

なるべく、手元の素材を多くしとくのが魅力的な映像を作るポイントです。では、素材が集まったら、まずソフトに読み込みます。ここが時間がかかるところでもあるので気をつけて下さい。容量が重すぎると適用に数時間かかる場合もあるので、なるべく時間のある時に行うのが良いでしょう。

ソフトに読み込んだら、ここから制作作業に入ります。素材をつなげていったり、必要な部分だけを抽出したり、制作者のセンスが光ります。途中に文章を入れたり、テロップをはさんだりすれば、より分かりやすい映像になります。そして、ただ素材を淡々と流していくのではなく、BGMとして音楽をつけていくとより魅力的で見やすい映像になります。

最後に書き出して完成です。この時、その映像を流す媒体(DVDプレーヤー、プロジェクターなど)に適した大きさにする事が重要です。最後まで気を抜かず頑張りましょう。

down

コメントする