オフィスレイアウトとデザインに欠かせない仕切り

今のオフィスレイアウトは職場にあっていますか。勤務内容によってオフィスのデザインを変えることで業務効率を改善できます。職場で求められるのは、与えられた仕事をこなすことですが、コミュニケーションの必要性や頻度似あわせたオフィスレイアウトが求められます。コミュニケーションが多い職場であれば、社員同士が向き合う対向式オフィスレイアウトを採用することで情報共有を促進できるので、スムーズな業務進展が期待できます。

視線が気になるなら仕切りを使ってパーソナルスペースを設けることで、創造力が求められるデザインや設計などといった集中力が求められる職場の業務効率が上がります。このオフィスレイアウトを効果的にするのが仕切りです仕切りの高さを変えることで、オフィスのデザインが大きく変わるのです。対向式の場合でコミュニケーションを重視する場合には、椅子に座っても相手の顔が見えるようにしましょう。視線が気になったり、仕事に集中するパーソナルスペースが必要なら、イスに座ると相手の視線を遮る程度の高さに仕切りを設けましょう。

椅子に座れば仕事に集中できて、立ち上がれば誰かとコミュニケーションをとれるメリットが有ります。立ち上がっても相手の視線が届かない仕切りにすれば、他人の視線も気にならず仕事に集中できます。仕切りだけでなく、葉植物を利用すると社内の雰囲気が柔らかくなります。勤務内容に合わせて仕切りや観葉植物を設置するだけで、業務効率の向上を目指せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です