オフィスレイアウトに伴う費用について

オフィスレイアウトの変更は多くの場合、費用負担が伴います。それというのも、オフィスレイアウトを変更する場合、機器の移動が発生するからです。電話やFAX機、コピー機だけではありません。最近のオフィスでパソコンを導入していないところはないので、パソコン、および周辺機器類の移動も発生します。

しかし、こういうときに、システム部門を社内で抱えているところはスムーズに事を進められます。これがない会社の場合、機械に疎い社員が機器の移動を行っても、機械についてよく理解していないだけに、かえって手間が増えるといったケースが見受けられます。しかし、システム部門をアウトソーシングしている会社は、今の時代においてはかなり多いと思われます。そこで必要なことは、システム部門を抱えている会社であれば、できる限りシステム部門にオフィスレイアウトの変更を任せることです。

この場合、費用かなり低く抑えられます。オフィスレイアウトの変更を外部に委託する場合は、費用が高くなりますので、それは予め覚悟しておいた方がよいでしょう。しかし、その費用負担は決して無駄にはなりません。無駄にしないためにも、各部門が定期的に会議の場を持ち、経営者も中に入れて、徹底的に議論する必要があります。

オフィスレイアウトの費用負担は決して軽くありません。何度も変更するなんてことは不可能です。一発で決まるように、日ごろから最善の準備を尽くしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です