オフィスレイアウトの費用について

現在のオフィスレイアウトについて、100%満足している人は決して多くはないでしょう。例えば、会社で一つのビルを所有している場合、各部門はそれぞれのフロアに散らばっていると思います。オフィスレイアウトによっては、一番連携したい部門がとても遠くにあるという場合もあるでしょう。このことを理解するにあたり、客観的にみられると、同じ場所にあるから大したことが内容に思われます。

しかし、それは間違いです。例え1階違っただけでも、連携を密に取りづらくなっているのです。それではどうすれば良いかということになりますと、費用負担を覚悟してでも、オフィスレイアウトの変更実施に踏み切る必要があります。費用負担は多くの経営者にとって、できるだけ低く抑えたい、できれば負担したくないというのが共通した考えであることでしょう。

しかし、費用負担を恐れて、非効率なオフィスレイアウトのままにしておくと、業務の質を落とすばかりでなく、従業員のモチベーション低下にもつながります。企業の財産は従業員です。その従業員がモチベーションを落としたまま仕事に取り組むと、仕事の質に影響を及ぼすことは間違いないでしょう。そのため。

経営者は決して費用負担を恐れてはいけません。各部門間が頻繁に会議を重ねるなど、事前の十分な準備は必要ですが、各部門が出し合った意見を、オフィスレイアウトの変更にうまく反映させて、実施するとがとても大切になってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です