オフィスレイアウトの費用

新年度を迎えて、オフィスレイアウトを見直した企業も多いことでしょう。オフィスレイアウトの変更は費用負担を伴います。費用負担はできるだけ低く抑えたいと思うのが、多くの企業の経営者でしょうが、最適なオフィスレイアウトにしようと思うと、費用の負担を気にしすぎるのもよくありません。例えば、総務部門と人事部門というのは、部門こそ違えども、やり方によってはお互いの仕事をうまく連携させて、補いあうことができます。

こういった場合だと、当然ながらオフィスレイアウトは隣どうしもしくはできるだけ近くにしておいた方が良いといえます。また、社長直属の部門であれば、社長室からできるだけ近いうちに置いておいた方が、指示もいきやすくなるでしょう。いざオフィスレイアウトを作成した後に、これらの部門どうしが遠くになってしまうと、非効率な状態となってしまい、スピード感に欠ける仕事になります。また、内線番号をできるだけスムーズに変更することが必要になるでしょう。

レイアウトが変わることにより、機械の位置やデスクの位置も変えることになり、費用負担は決して軽くはありませんが、その後の業務効率を考えたときに、必ずやってよかったと思える成果が出るはずです。そのためには、一部の人たちだけで決めるのではなく、各部門の責任者を巻き込んで計画を立てることが必要です。その部門内にいないとわからない内部事情もあるはずですので、そういった話は各部門責任者に聞くのが一番といえます。スチールラックのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です