オフィスレイアウトデザイン変更で快適空間

オフィスはデザインひとつで仕事の能率がかわります。人は周りの環境に順応する能力が高く、それが気持ちにあらわれることにもなります。変化のない暗くて狭いオフィスでは新しい発想も浮かびにくく会話もあまり積極的に出てこない状態になりがちです。しかしオフィス移転やオフィスレイアウトによってデザインを変更することで快適な空間で仕事ができ気持ちよくいきいきとして働くことができるようになります。

もしオフィス移転を考えている、オフィスレイアウトの変更を考えているならデザインも見直してみるといいです。しかしどのように変更すればよいのかわからないこともあります。このような場合は目的やコンセプトをまず決めておくことです。仕事をしやすい空間にして、会社のイメージを出すのか、落ち着いた空間にするのか目的やコンセプトを明確にしておくことです。

そしてオフィスレイアウトのゾーンを考えます。スペースは限られているので有効に利用できるようにします。大きくはエントランス部分と従業員のみが仕事を行う部分、そしてリラックスできる部分があるといいです。やはりゾーンを切り分けるのはセキュリティを高めるためにも必要なことです。

またエントランスは来客車のみ入れる部分として来客車も快適に商談を行うことができるようなスペースを用意しておくことは大切です。仕事をする部分は明るく開放的であるほうが仕事の効率はあがりますがここは目的やコンセプトととも深くかかわる部分です。そして仕事を一段落した時にリラックスできるスペースがあるとまた次やろうという気持ちが起こります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です