安全で効率的なオフィスレイアウト

オフィスは仕事を行う場所ですが、1日のうちでも大半の時間をそこで過ごすということにもなりオフィスレイアウトは仕事を効率的にすすめるためにもとても重要になってきます。仕事がしやすいオフィスというのは整理整頓されていることや環境がよいといったことになります。 オフィスレイアウトを見直す機会はそれほど多くはありません。人事異動があった場合や組織変更があった場合、また事務所を移転するような場合です。

このような機会に合わせて変更するといいです。オフィスには機能があり仕事をするところと、書類などを保管する、会議を行う、来客を迎え入れる、リフレッシュするといったことで機能をわけると効率的に仕事を行うことができます。 入口から通路、デスク、保管場所を決める場合は導線を考え効率的になるようにします。デスクは仕事の内容によりますがコミュニーションを取りやすくするのか、集中しやすくするのかによって対面式や背面式といったレイアウトになります。

この場合は人同士が通路を通ることができるように安全面にも配慮することが大切です。 オフィスレイアウトは明るく開放的であるといったことで仕事をする上でも気持ちよく行うことができることと、来客者の印象もよくなります。来客スペースは良い印象を与えられるようにしておくことも大切で、きちんと整理整頓されているオフィスは好印象となります。そしてより効率的に仕事をするために必要なものがリフレッシュスペースです。

気持ちを入れ替えることで新しいアイデアも生まれることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です