オフィスレイアウトが与える精神的影響

主に機能性の向上、それによる業務の効率化を目的として行われるオフィスレイアウトですが、実際には機能面のみならず、精神面にも効果があるのではないかと思われます。オフィスレイアウトで行われるのは備品の配置やスペースの活用だけではなく、お洒落面においても手が加えられるからです。特に壁紙や照明、小物などはセンスが問われますから、オフィスレイアウトで手を加えれば見栄えに大きな影響を与えることは間違いありません。その見栄えの変更こそが精神的な影響を与える可能性があります。

オフィスレイアウトをして抜群のセンスを発揮し、スタイリッシュでお洒落なオフィスが誕生した場合、そこで働く従業員のモチベーションは高く保たれます。また、内部の人間だけでなく、外部の人間にも影響を与えます。外部から来た人間がオフィスを訪れた際、ボロボロで薄汚いオフィスより、スタイリッシュでお洒落なオフィスを見た方が好感度が高くなります。見栄えが良くなるだけで圧倒的に好感度が上がり、良いイメージを抱かれやすいのです。

綺麗なものと汚いものを見て、汚いものを支持する人はそうそういないでしょう。それゆえに、好影響を与えるのです。もちろんこれはセンスが良かった場合の話です。統一感もなく、ちぐはぐな独りよがりなお洒落を追求してしまった場合、内部の人間がどう感じるかはともかく、外部の人間にはマイナス印象を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

スチールラックのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です