オフィスレイアウトの考案は第三者の視点で行うと最適

企業にとってオフィスはすべての業務の拠点となるところ。すべては作業に即した広さと効率性とを備えた空間でなくてはなりませんし、なおかつスタッフ同士の風通しもより良く保たれているようなものが理想的です。決して目先の利益のみを追求した手狭で無駄の多い空間であってはなりません。その意味でもオフィスの空間作りにおいてはまずオフィスレイアウトをしっかりと考慮して最も効率の良い配置関係を生み出す必要があります。

しかし最適のオフィスレイアウトは社内のスタッフではなかなか思いつくことが難しいもの。第三者の目線でしっかりと見極める視座を持っていなければなりません。その意味でもオフィスレイアウトの立案を専門に行う業者に依頼するのも一つの手です。こう言った業者を活用するとまずは日々の作業内容やスタッフの仕事ぶりなどを十分に観察した後に、それがどのような手を加えればさらに効率の良いものに生まれ変わるのか様々な提案を施してくれます。

例えばスタッフの仕事上の動線をしっかりと見極めた上で無駄のない動きを行えるように座席を配置します。さらにプリンターや備品の棚、コピー機などは皆が使いやすい位置に置くことでそこにコミュニケーションの取りやすさが生まれます。また、資料を整理する棚や休憩室なども様々なデータをかんがみた上で立案された快適で有意義な空間である必要があります。それらも付け焼き刃の知恵や考察ではなかなか結論にたどり着くことができないもの。

専門業者のノウハウやデータを活用しながら何が自社のオフィスにとって効率的なのか答えを探し求めていくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です