オフィスレイアウトで重要なゾーニング

オフィスの移転先が決定したら次に行うべきなのが、新たにオフィスレイアウトを構築するということです。楽しみながら行えると考えられる事が多いため、実際に行うと想像よりも大変だったと漏らす方が少なくないです。そこで、オフィスレイアウトはゾーニングから手がけていくことが求められます。ゾーニングというのは執務エリアや役員専用の部屋、会議室などをオフィスの全体に対して割り振りを行うことを指します。

仕事の効率や業績、コミュニケーションに直接的に影響してくるため不都合を感じるような様相だとオフィスを移転したことが悪影響になる恐れがあります。そのため、まずはスペース配分について考えていくようにしてください。まず、全体を100として各々のスペースの振り当てを決定していくと利用頻度が高い場所を広く確保できるようになりますし、あまり使わない所を狭くさせられます。具体的には執務を行う場所の割合は50から60程度に考えてオフィスレイアウトを行い、残りで会議室や役員室に配分していきます。

オフィスレイアウトに苦労する事例の多くで、こうした割合の見積もりが甘いのです。その後、一人あたりに与えられる業務スペースに目を向けていくことになります。各企業により在籍している社員数が異なるので、面積を社員数で割ると個人に与えられる広さが理解できます。さらに、複合機や作業台など共有で利用する機器までの動線を直線的にするといったように内部で動きやすいオフィスレイアウトにすることも無視することはできません。

スチールラックのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です