ガス料金を抑えよう
2019年4月24日

プロパンガスの料金の相場

「プロパンガス」を使用した場合にかかる費用は、「基本料金」と「従量料金」の2つから成り立っているのが一般的です。

そして、日本におけるその価格の相場はそれぞれ「基本二千円」・「従量五百円」ほどです。そしてこの料金は、都市ガスに比べて基本料金については「九百円」、従量料金も「二百円」以上単価が高くなっている点には注意が必要です。この違いはつきあたりの請求額に換算するとなんと「五千円」にもおよぶ出費の違いにつながります。この事実は、プロパンガス消費者センターも不当に高額な価格と認識しており問題視しています。

そのため、「プロパンガス」を相場価格近辺からそれ以上の契約でお使いの方はぜひ一度その内容を見直すのがおすすめです。なお、このように不当に高い相場を「プロパンガス市場」が保ち続けてきてしまった最大の理由は、企業間での競争が一切ない特殊な市場であったことが由来します。

つまり、高単価を維持していけるように企業同士が顧客の取り合いをしないように内々にその価格を調整してしまっていたのです。この事実を受け1997年にその価格を明確化する法改正が行われたもののその事実を知っている消費者は多かったため、経営悪化を補うべく再び値上げをし今のような状況に陥ってしまったのです。自宅での「プロパンガス」の使用料を下げたいという方は、今利用しているガス会社に交渉するかほかの単価の安い会社に切り替えるのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *