ガス料金を抑えよう
2019年4月18日

プロパンガスの料金設定の相場

プロパンガスの価格設定の相場は使用地区によって違いますが、やはり寒冷地帯では暖房器具などの使用も多く、価格は高くなります。

また世帯人数によっても異なりますが、「プロパンガス料金消費者協会」のモデルケースとして二人世帯人数の場合は関東地区では夏場と冬場は基本価格1500円代、北海道は夏場冬場ともに1600円代、東北地方も同時期で1700円代、甲信越地方は1500円代、東海地方は1650円が相場と設定されていますが、あとの地方は全般に高くて1700円代としており、それ以上はありません。

しかし各地区の平均プロパンガス料金は相場価格を大きく上回る場合もあり、明らかに企業が高く見積もってガスを販売している場合が多々あるという事です。北海道地方では、相場価格よりも平均価格が300円以上も上回っており、全体的にプロパンガス業界の料金設定において、相場価格との照らし合わせが必要な時期に来ているかもしれません。

プロパンガスは都市ガスと違い、公共料金ではないため、価格を企業側で自由に設定出来てしまいます。そのため、こういった価格変動が生まれてしまいます。中には悪徳業者も存在し、無理に高く引き上げて料金徴収をしている企業も存在するので、プロパンの各地方の平均との照らし合わせを随時行い、ガス会社を変更する際には気をつけなければいけません。基本価格が200円、平均価格だけで変わるだけでも家計には負担になります。随時チェックは必須かもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *