ガス料金を抑えよう
2019年4月12日

プロパンガス料金の相場には違いが

プロパンガス料金は基本料金と使用料となる従量料金により構成されていますが、その相場は地域やガス会社により違いがあるのです。

プロパンガスの基本料金はボンベの配送費・ガス漏れ対応などの保安管理費・月1回の検針費用や、ガスメーターの維持費・自動切り換え調整期費用があり、これらはガスが安全安心して供給されるために必要な費用になっています。プロパンガスを利用している時、同じエリアにあっても一戸建てとアパートなどの賃貸住宅とではあるていどの差があるのです。

アパートなどの賃貸住宅では大家さんからの要請や業界での慣習により、給湯器や配管工事をガス会社が負担して設置することが多くその分を基本料金に上乗せされることもあります。地域でも違いがあり関東地方の相場価格は基本・従量が、他の地方と比べて安くなっているのです。それは供給するプロパンガス会社が多くあり競争が激しいことや、人口が多いことからガスの配送が効率的に行われ、人件費などのコストが比較的かからないことにあります。

東北などは積雪が多い地域になるということや、人口が少ない地域が多くなることからガスの配送が効率的に行われにくくコストがかかり、基本・従量がともに高く設定されているのです。プロパンガス使用の際にかかる費用の相場が妥当なものかを知るには、都道府県別の平均相場で見ることができます。相場とあまりにも大きく違っている場合にはガス会社の見直しをすることもすすめられるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *