ガス料金を抑えよう
2019年4月6日

プロパンガスの料金の相場は?

私たちが生活していく中で欠かせない存在であるのが、ガスではないでしょうか。

中にはガスを使用せずに、オール電化などで生活する人がいますが、電気だけに頼る生活は停電などいざという時にすべてのライフラインが途絶えてしまう可能性があるので、電気とガスを併用しているとが多いです。そんなガスには主に2種類あり、プロパンと都市とに分かれています。プロパンガスはブタンやプロパンが主成分で、液状化したガスを入れたボンベを各家庭に供給することで使えるようにしていて、反対に都市ガスはメタンを主原料としていて地下のガス導管を通して各家庭へと供給しています。

プロパンガスの方が料金が高くなりやすい傾向がありますが、都市ガスと比べて熱量が高かったり、災害時の復旧が早かったりといったメリットももっているのが特徴です。一般的にプロパンガスは都市ガスに比べて、ガス料金が高くなる傾向がありますが、その相場はいくらぐらいなのでしょうか。

料金は基本と従量の2つから成り立っていて、その相場は基本が1890円で従量が523円となっています。都市ガスは基本が1000円、従量が300円ほどなので、毎月のガス代を比べると5000円も高い計算になります。しかし、中にはこの相場よりも高いガス代を払っている場合があり、プロパンガスは料金が自由設定のために、あまりにも高い金額を払っている場合には契約しているガス会社を検討する必要があるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *