ガス料金を抑えよう
2019年4月3日

プロパンガスの料金と相場

プロパンガスは、原油と同様に海外からの輸入に依存しているエネルギー源です。

プロパンガスの料金相場が大きく異なる事から基本的に強力な火力を必要としない一般家庭では都市ガスが好ましいとされています。プロパンガスの賃貸物件は、一般的な家庭よりもかなり請求金額が大きく、可能な限り都市ガスの物件に転居したいと考えているのが実情です。プロパンガスは、都市ガスの様に各家庭の導管で供給されていない事から各家庭に定期的に配達及びボンベの回収をする必要があり、都市ガス並みの従量単価での提供は難しいとされています。

しかし、20立方メートル以下の使用量の場合には都市ガスが1立方メートルあたり150円前後ですが、プロパンガスでは良心的な600円~暴利を貪る1、000円前後までと料金相場が全く異なる業界です。背景には、輸入価格に連動して値上げと値下げを繰り返す都市ガスと異なり、業者が自由に従量単価を決定し契約者に請求可能な点が最も大きな要因であり、輸入価格が下落した際には値下げを見送る事が出来る点も料金相場を高額に維持させる要因とされています。

この業界は、近年まで他の業者のテリトリーを侵さない暗黙の了解があった事から価格競争が全く無く、他の業者の従量単価に歩調を合わせる必要が無い事からも料金相場が高くなっているのが現状です。現在では、都市ガス並みの適正価格を掲げているサイトも多く、一般的な一戸建て住宅では納入業者を変更する事で料金を低額に抑える手法が行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *