ガス料金を抑えよう
2019年3月15日

プロパンガスの相場とは

プロパンガスの料金は基本料金と従量料金の合計が請求されています。

プロパンガスは企業間で競争がないため、高い単価が維持できるようになっていたります。そのため都市ガスの相場と比べると、プロパンガスの相場は高い傾向にあります。相場を知ることで契約内容を見直す必要もあります。価格を下げる方法は、単価交渉をするかプロパンガス会社を変更することです。有効なのは単価が安い会社への変更ですが、賃貸物件の場合は管理会社などに依頼しないといけないので難しいです。

会社を変更する場合は、大手優良企業へ切り替えた方が良いです。切り替えた時点は単価が安くても、その後に経営状態などから値上げが起こる場合があります。大手優良企業は、経営状態が良く適正価格でガス供給をしています。そのため不当な値上げの心配もありません。単価で比べる場合は安すぎる会社も注意が必要です。契約したときは安い単価でも、その後に値上げをして結果的に損をする場合があるからです。

大手企業の単価が安い理由は、自社で直接プロパンガスを輸入していたりするからです。直接輸入することで、中間の会社を通すコストを削減できます。相場が分からない場合は、消費者センターのホームページなどを参考にすると良いです。地域別の基本料金や従量料金の相場が記載されています。人口の少ない地域は配送コストなどから高めになっていたりしますが、適正かそうでないか判断の基準にできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *