ガス料金を抑えよう
2019年2月18日

生活と暮らしから見たプロパンガス都市ガス比較

私たちの生活と暮らしに欠かせないものには、電気と水道とガスがあります。

どれかがひとつ欠けただけで、生活と暮らしに多大な影響が及んでしまいます。ガスにはプロパンと都市ガスがあってそれぞれに特徴があり、プロパンガス都市ガス比較は話題にもあがります。プロパンガスは、主成分がブタンやプロパンの液化石油由来の気体です。空気と比べて重い性質を持っていて、硫化物などがあまり含まれないため燃焼しても発生するのは二酸化炭素と水だけであり有害な物質が出にくいです。

1立方メートルあたり2万4千キロカロリーの発熱量があります。これに対して都市ガスは、主成分がメタンの液化天然の気体で、空気と比べて軽い性質があり、硫化物などがあまり含有されていないため燃焼しても有害な物質の発生が出ません。1立方メートル当たり1万1千キロカロリーの発熱量があります。プロパンガス都市ガス比較では、都市部では都市ガスが地方ではプロパンが高い傾向です。道路への本管布設が普及の鍵になっています。

自宅の周辺に管があるのならば自宅までの管工事は無料になりますが、そのエリアを越えた範囲では管の延長工事は必要なので有料となってしまいます。都市ガスの小売全面自由化が、平成29年より始まったこともあって、電気のような生活や暮らしに合わせた料金プラン選択ができるようになりました。プロパンガス都市ガス比較をした結果、切り替えを実行する人が増加しました。事業者が急増したことで価格競争が起こり、電気とのセット割り引きや他の買い物に利用できるポイント制度を導入する事業者も存在します。プロパンに比べて都市ガス料金は3割ほど安いのですが、自由化による競争の激化でさらに安価になると期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *