ガス料金を抑えよう
2019年1月31日

生活と暮らしに必要な、プロパンガス相場

私たちの生活に必要なガスのひとつである、プロパンガスですが、暮らしにどう関わっているのでしょうか。

プロパンガス市場は長年企業間の競争が少ない特殊な市場でした。単価を維持するためだと言われています。料金は販売店によって異なり、自由に選べるのが基本ですが、アパートなど一人暮らしの賃貸では大家さんが決める場合が多いので業者も価格も決められていることがあります。では地域別のプロパンガス相場をご紹介します。家庭用の一世帯あたりの月平均使用量からの基本料金です。

北海道は2095円青森県は1870円岩手県1995円宮城県1744円秋田県1854円山形県1893円福島県1814円となっており、全国よりもプロパンガス相場はやや高めの設定となっています。北海道や東北地方は都市ガスが通っていない離れている過疎地がまだ多く、生活の面で不便であり輸送コストや人件費がかかることが原因だと推測されます。関東地方は安くて栃木県1671円から、高くて神奈川県1728円の後で、全国と比べるとやや低めの設定になっています。

関東地方は都市ガスの普及率が高く、プロパンガス業者の人件費が安くすみますので、プロパンガス相場を低くしているのが現状です。中部北陸地方は山梨県1742円から富山県2019円の間です。近畿地方は大阪府1764円から兵庫県1958円の間となっています。中部地方は広島県1876円から島根県2039円、四国地方は高知県1801円から愛媛県1865円、九州沖縄地方は鹿児島県1641円から福岡県1945円となっています。ガスは欠かせないので過疎地の方々の生活には、大切な暮らしの一部だといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *